忍者ブログ

ララララランラランララララランラランランラン

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大学の「美術解剖学」という授業の一環で、京都府立医科大学で人体解剖の見学実習があった。

人体の中身を生に近い状態で見るのは初めてである。献体していただいた方に黙祷し、実際に見る人の筋肉,内蔵、皮膚の下の様子。そして、医大ならではのたくさんの貴重な標本。
生々しいが、それだけにとても勉強になる。変な言い方だが,リアリティのある勉強であった。

アート、デザイン、それは人を介在して生み出されるものだと思う。どんなに非現実的、デジタルなものになろうとも人の存在なくして意味をなさない。その点で人の構造を知ることは一番基本となることと言えるだろう。人は一番身近だが、とても深い。いくら勉強しても足らないものだ。そう感じる実習だった。

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ プログランキング
ブログランキングに参加中。
下のボタンをクリック
=あなたの応援の力。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
人気ブログランキングへ
◎ プロフィール
HN:
ReddeR
性別:
男性
職業:
学生
自己紹介:
京都の芸大でデザインの勉強をしています。
ReddeRはれだぁと読みます。
◎ カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
◎ 今日の色
◎ 最新記事
(06/03)
(05/15)
(04/30)
(04/28)
(12/25)
◎ 最新コメント
[05/13 ReddeR管理人]
[05/01 花みずき]
[04/30 ReddeR管理人]
[04/30 花みずき]
◎ カウンター
◎ アナログ放送化
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]