忍者ブログ

ララララランラランララララランラランランラン

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

同じ大学に通う、日本画を描いている友達と話していて面白かったのが、「自分の絵の個々の要素をプロにまかせてみたい」と言ったことだ。

曰く、例えば四角形を画面に描くとして、その四角形がどこまでも「描く本人の手クセ」でどの絵にも現れるのがつまらないと言う。それならば、自分より面白い四角形を描く人物、もっと面白い画枠を作る人物に協力してもらいつつ一枚の絵を完成させると、さらに良い絵になるのでは…という発想だ。

彼は「個性」という一般に重要視される要素さえも抜きにして「絵画」としての日本画が、画面として高まる方法を考えていた。絵とは、「素晴らしい画面」とは個人の物なのか? そんな風に自らの絵を捉えるなんて変わっていると思う。でもアートが「スゴい」と思われる理由が「個性」という得体の知れないモノのせいなのか、という視点に興味を惹かれた。

何故ならば、「プロダクトデザイン」の世界は各プロが分業してクオリティを上げるというのは当たり前のことであるからだ。最近はプロダクトデザイナーとは得てして個人の名で語られることが多いけれども、本来それはおかしい。ほぼ、自分1人で総てをやっていることなんてない。

そして最近の流れの一つとして、作家性、一点物の性格の強い「プロダクト」が市場で注目を集めていることを伝えると彼も興味を持ってくれた。それは、「アート」と「デザイン」が近づいている証拠のように思えたからだ。それもどちらかに寄るのではなく、相互に寄っている。

いつかその動きがクロッシングしてしまうかもしれない。そういうことがあっても面白いかもしれない。それが良いことか悪いことかはわからないけれど。

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
HOME SARU >>
◎ プログランキング
ブログランキングに参加中。
下のボタンをクリック
=あなたの応援の力。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
人気ブログランキングへ
◎ プロフィール
HN:
ReddeR
性別:
男性
職業:
学生
自己紹介:
京都の芸大でデザインの勉強をしています。
ReddeRはれだぁと読みます。
◎ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
◎ 今日の色
◎ 最新記事
(06/03)
(05/15)
(04/30)
(04/28)
(12/25)
◎ 最新コメント
[05/13 ReddeR管理人]
[05/01 花みずき]
[04/30 ReddeR管理人]
[04/30 花みずき]
◎ カウンター
◎ アナログ放送化
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]