忍者ブログ

ララララランラランララララランラランランラン

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 繁華街や百貨店などを歩いていていつも思っているのが、「服売り過ぎちゃう?」ということである。特に女性もの。百貨店なんか、2階から6階まで世代毎にミセスとかヤングとか、とにかくたっくさんの服が所狭しと並べられていてクラクラしてしまうほどだ。

だが言い換えれば、そこで売られているもののほとんどが結局ゴミになってしまうんと違うの。まぁそれは服だけじゃなくスーパーとかでも感じているけれど…。でも決定的に違うのは、その大量に売られているものがすべて「服」というカテゴリーに含まれている事である。そう見ると圧倒的に同カテゴリーのものがめちゃくちゃにたくさん売られているのではないか。

この事を考える時、いつもデザイナーとして正しい思考なのか悩んでしまうが、とにかく自分が「ファッション」という分野がデザインとして好きではない理由ではある。現状のアパレル業界において、何をモチベーションにデザインをしているのか全く理解できない。

似たような、流行を気にした、「自分の個性」という訳の分からないものを前面に押し出した、よくわからないものを「ファッション」と称して売るという行為が分からないのである。そしてなぜか他業種よりも圧倒的な物量でそれが場に存在している事に嫌悪感すら抱いてしまう。

例えば、1つのブランドにおいて他に負けない絶対的な作りや質や、それこそ値段でも、そういう「売り」を持って作られているのならまだ理解できる。しかし実際はそうでもないようだ。

うーん、分からん。分からんし、自分でやろうとも思えない…。

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ 無題

僕は服見るの好きやから、そこまで思ったことないな~。

むしろ、服作りたいし。。

服おもしろいけどな~。
そして、それを作るだけでなくて、
コストとか品質とか色々考えて
商売に結び付けんのって大変そうやなって思う。

どう思うかしらへんけど、
ファッションって文脈からしたら、
ユニクロって結構面白いことやってる気がするし。

なんか、色々話してみたいことあるけど、
考えがまとまらんし、
休み時間終わったから、又いつか。。

A.I 2009/10/01(Thursday)12:31:21 Edit
◎ 無題

>A.I 様
コメントありがとうございます。
もちろん、自分は「服」というプロダクト自体を否定するつもりは全くありません。生活の基本の1つだと思っています。

ただ、身の回りを見渡すと、いかにも社会のためにならないようなモノが「ファッション」という言葉の周辺にはたくさんあるような気がしてならないのです。それは機能とか装飾的とかそういうことではなく。本当に「必要なもの」が忘れられているような、この辺りは自分自身頭の整理のついていない所ですが、そんな気がしています。それは服自体のデザインだけでなく、コメントされていたような品質、流通、その他様々な面からです。

そのような点について、記事では「自分でやろうとは思わない」と書きましたが、いろいろ思考することの多いテーマだな、と思っています。

ReddeR管理人 2009/10/01(Thursday)23:58:55 Edit
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ プログランキング
ブログランキングに参加中。
下のボタンをクリック
=あなたの応援の力。
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ
人気ブログランキングへ
◎ プロフィール
HN:
ReddeR
性別:
男性
職業:
学生
自己紹介:
京都の芸大でデザインの勉強をしています。
ReddeRはれだぁと読みます。
◎ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
◎ 今日の色
◎ 最新記事
(06/03)
(05/15)
(04/30)
(04/28)
(12/25)
◎ 最新コメント
[05/13 ReddeR管理人]
[05/01 花みずき]
[04/30 ReddeR管理人]
[04/30 花みずき]
◎ カウンター
◎ アナログ放送化
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]